父の日のことなど

  • 2011/06/20(月) 19:54:16

【ツール・ド・スイス】
何と最終日のタイムトライアルで4位だった、ライプハイマーが大逆転して総合優勝。8日間のステージで30時間以上走りタイム差4秒。
何ともどきどきの逆転劇に夢中になってしまいました。

最終日に逆転され2位に終わりましたが、クネゴもクレバーな走りで復活を印象付けさせてくれました。
20110620005404

201106200054042


前北かおる句集『ラフマニノフ』一句鑑賞
●遊泳の区域に飼はれをる如く かおる
7月30日 同前 と前書。

季題は「泳ぎ」。引き続き逗子の海岸の様子を詠んだようです。
きっちりとしっかり区域が分けられ管理されている様子を「飼はれている」と詠み上げました。
ちょっと作者にとっては珍しい句風の一句ではないでしょうか。
緩い俳句ですが、一集としての並びとしてはあっても良いと思います。
「如く」でゆるゆるにしました。

【父の日ギフト】
娘よりベルギー麦酒が届きました。
感激でありました。
暫く飲めそうにありませぬ。
20110620163923


前北かおる句集『ラフマニノフ』一句鑑賞
●電柱の海抜標示浜おもと かおる
8月6日 小見川花火大会(8月7日 慶大俳句 逗子) と前書。

季題は「浜おもと」。
電柱をふと見ると、海抜標示が書いてあった。
その脇に浜木綿が咲いていたというだけです。
昔津波でも来た土地なのでしょう。
しんみりしているような気がします。

【蒸し暑し】
今日の午後の湿度は以上に高かったです。
東京タワーも湿度100%でした。
地下鉄を待ちつつ熱中症にかかりそうでした。
20110620195416


前北かおる句集『ラフマニノフ』一句鑑賞
●登り来し本丸跡の千草かな かおる
8月24日 佐久(慶大俳句合宿 志賀高原・石の湯ロッジ) と前書。

季題は「千草」、そろそろ前書きが長くて困ります。
「本丸」と言う道具立てが、季題「千草」の持つ淡いイメージと上手くマッチングしていると思います。
この句なんか前書きでなかったほうがよかったですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

遊泳の。

 発掘された一句です。斜に構えた風で面白いですね。

こんばんわ。「夏潮」でも「志賀高原」で吟行があるようですねー誌面で「あさま号」という名前をみて興奮しました(笑)
昨日、本井英先生から『虚子「渡仏日記」紀行』(角川書店)が届きました。私のブログでも紹介しております。

●ラフマニノフさま

「遊泳」の句は、まぁまぁだと思います。

●海音さま

ブログ拝見いたしました。
一気に読んでいただけたようでありがとうございます。
ぜひ、志賀高原にもいらしてください。往時の「あさま号」を思い返すと涙が出ます。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する