【綾部仁喜句集『沈黙』】

  • 2011/06/30(木) 15:15:09

【綾部仁喜句集『沈黙』】
 ふらんす堂、平成二十年九月
「泉」主宰の綾部仁喜氏の第4句集。
「鶴」で石田波郷に師事。平成二年より「泉」の主宰を継承されている。

 奥様の脳梗塞での入院、ご自信も喉の眼の影響で声帯を失うという境涯になりながら、淡々とかつ力強く俳句を詠み上げている。
こういう句集を見ると、我々の世代の句は饒舌すぎて季題を活かすことができていないのではないかと反省をする。


20110630151509


以下、印を付けた句から幾つか紹介したい。
●平成十四年
雪吊の中にも雪の降りにけり
牛鳴いて雪形はまだ雪の中

●平成十五年
菰巻の人ごゑ松を移りけり
たくさんの音沈みゐる冬の水
若鮎の匂ひの水を搬び来る
枇杷の種吐いてひと日が余りけり
うつつなき妻がもの言ふ秋の暮
青空が日ごとに深し耐ふるべし

●平成十六年
葉を一つ足す蓑虫の冬仕度
初日浴ぶ片足漕ぎの車椅子
耳掻きの二日の曲り具合かな
誰が息か咽を出て入る夕霞
行く鴨の遥かに声を失へり
五十音図指さして春惜しみけり
桑の葉の一枚づつの明易き
胸中に一死はためく日雷

●平成十七年
跡切れてはつづく木立や星祭
渡り鳥ひとたび消えて高みけり
沈黙のたとへば風の吾亦紅
二三人墓に人ゐる野分かな
筆談は黙示に似たり冬木立
妻に逢ひ白木蓮に会ひしこと
菱の実の水を離れて尖りけり

●平成十八年
ひと足を踏み出して年つまりけり
古年の声かたまれる畑雀
水の面を打つて消えたる初霰
寒木となりきるひかり枝にあり
いちにちはひとりにひとつ寒椿
舌すこしのぞける雛飾りけり
帚木の姿ととのふ山の陰
夏木よりすこし遅れて眠り来る

●平成十九年
眉寄せて痰引く夜業われにあり
綿虫や病むを師系として病めり
まつすぐに来る元日の車椅子
寒林へ影を加へにゆくといふ
冬泉命終に声ありとせば
薄氷を水の離るるひかりかな
苗挿しの水は濁さぬ足構へ
天水田最上段の遊び苗

●平成二十年
沈黙を水音として冬泉
病室に人来て聖歌うたひ去る
春を待つ十指の一指づつ覚めて
鳥帰るころの北空ならば見る
春泥の流れどまりが膨れをり


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

桃の実

  • 2011/06/30(木) 08:21:05

【桃の実】
近所の桃の木に実がつきだしました。
青梅と比べてみると随分違う形をしています。
20110630082105


前北かおる句集『ラフマニノフ』一句鑑賞
●ペリカンのたるめる喉や松の内 かおる
2002年1月6日 八景島(1月9日 慶大俳句三田句会) と前書。

季題は「松の内」。水族館のペンギンの喉のたるみを見ていると、何ともまったりしていて、ゆったりとした「松の内」を感じたということでしょう。
取合せとしてはなかなか面白いですし分かりやすいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る