呟き一句09年12月分

  • 2009/12/31(木) 23:59:29

呟き一句09年12月分
●黒潮の色に海桐の実りたる_#ikku
7:48 AM Dec 31st, 2009 from movatwitter
足摺岬のうすばえの灯台で見た夕日は素晴らしく。●大年の夕日に舳先向けにけり_#ikku
6:04 AM Dec 30th, 2009 from movatwitter
●四国三郎枯芦の太かりし_#ikku
3:10 AM Dec 29th, 2009 from movatwitter
●人が人を生むや渋谷の年の暮_#ikku
7:22 AM Dec 27th, 2009 from web
●レーダーや小雪のやうな雪女_#ikku
12:41 PM Dec 26th, 2009 from movatwitter
●凭るると云ふことあらず蘆枯るる_#ikku
8:34 AM Dec 24th, 2009 from movatwitter
●全きの静か冬至の黄昏るる_#ikku
9:04 AM Dec 23rd, 2009 from web
●蒼天にすつからかんの冬木立_#ikku
8:36 AM Dec 22nd, 2009 from movatwitter
ドン・○ホーテ。●マスクしてサンタクロースレジを打つ_#ikku
8:25 AM Dec 21st, 2009 from movatwitter
●討ち入りの日とぞ蒲団に籠もりたる_#ikku
4:12 AM Dec 20th, 2009 from movatwitter
祝、美奈子さん一茂さんご結婚。●鴛鴦もみな言祝げる一茂を_#ikku
9:38 AM Dec 19th, 2009 from movatwitter
●真青なる空に刺したる枯欅_#ikku
10:53 AM Dec 18th, 2009 from movatwitter
●裸木の昼に絡まるコードかな_#ikku
8:15 AM Dec 17th, 2009 from movatwitter
●レーダーを売りに出掛けし雪見旅_#ikku
8:09 AM Dec 16th, 2009 from movatwitter
●打合せ予定通りに日短か_#ikku
4:16 AM Dec 15th, 2009 from web
●配送車いてふ落葉に来て止まる_#ikku
7:48 AM Dec 14th, 2009 from movatwitter
●何でも千円門前町の師走かな_#ikku
7:54 AM Dec 13th, 2009 from web
●忘年の群だらだらと坂上る_#ikku
11:50 AM Dec 12th, 2009 from movatwitter
●詩人ぶる若僧河豚に中りたる_#ikku
9:23 AM Dec 11th, 2009 from web
●携帯の画面を濡らす時雨かな_#ikku
8:26 AM Dec 9th, 2009 from movatwitter
●番号の付きし作業場大根干す_#ikku
8:15 AM Dec 8th, 2009 from movatwitter
●北風を納屋に避けつつ電話せる_#ikku
7:05 AM Dec 7th, 2009 from movatwitter
木ノ本、清泉閣なう。●越前の口の敦賀の冬紅葉_#ikku
6:42 AM Dec 6th, 2009 from movatwitter
普天間先送りですか。●木枯しや安保外交かろきこと_#ikku
9:43 AM Dec 5th, 2009 from movatwitter
●城内の小さな家の年木積む_#ikku
9:03 AM Dec 4th, 2009 from movatwitter
今日は池袋で夜句会。●狼や山の神々強し頃_#ikku
12:42 AM Dec 3rd, 2009 from web
福江の堂崎天主堂●瓦葺の聖堂に散る木の葉かな_#ikku
7:51 AM Dec 2nd, 2009 from movatwitter
●熱燗を差しつ差されつ而立なる_#ikku
5:16 PM Dec 1st, 2009 from movatwitter

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅余韻

  • 2009/12/31(木) 18:51:06

【お城の中腹】
用事の前に新しきミュージアムで涙しようと思いましたが、余り新しい展示もなく感動しませんでした。
城の中の敷地に無理な形で建っているから展示スペースが少ないのです。
その変わり最上階のテラスから中腹に建つ洋館を眺めました。綺麗でした。

開店間際から混雑の三越でお買い物してから用事を済ませにゆきます。

20091231110604

【愛媛まじめに】
無事用事を済ませ、愛媛空港までたどり着きました。
田中の蒲鉾を買って帰ります。
空港一のインパクトがある看板を紹介します。
強風ですが大丈夫でしょうか。
20091231151509


【投句】
旅の掉尾を飾るべく、俳句での商魂たくましき松山の町に敬意を表し2句投句させて頂きました。
併せて1分かかりました。

まだ家に帰って俳句会があります。。

20091231185106

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅その6

  • 2009/12/30(水) 18:15:09

【涙の段畑】
宇和島から車で30分ばかし離れた水荷浦(水ヶ浦)の集落に素晴らしい段々畑がありました。
実に壮大で、先人のご苦労を思うと涙が止まりませんでした。

この段々畑に着いた途端空が俄に暗くなり西風強く雨が降って参りました。
今夜から朝にかけて当地はとても冷えるようです。
段々畑を横から眺め涙。
20091230181505

段々畑を下から仰ぎ見て涙。梯子が掛かっています。
20091230181509

【終着駅宇和島】
今回の旅は先っぽの制覇を兎に角追求することと乗り潰しが目的でした。
宇和島駅は当に終着駅。ホームの数が減った気がしますが雰囲気は健在。
20091230214203

それにしてもJR四国は車内販売も駅の売店も無く、東や九州に比べ著しくただ乗るだけの特急列車になってしまいました。
【松山の事情】
私はこちらで用事がありもう1日滞在させて頂きます。

松山駅にて大俳諧師殿を空港に見送った後松山市内を散歩。
冷え込みが厳しくなって来ました。
松山駅から城端まで歩きました。その途中、大手町の鉄道と市電の平面交差。
昔2社で鍔迫り合いを演じていたときの名残だそうです。

道後温泉は相変わらずの賑わい。二階の座敷は遣り手の仲居さんたちがまめに働いています。
昔の温泉旅館みたいになっています。お湯は結構でした。
20091231072110

その後温泉の裏手を散歩。
宝厳寺を参詣。
かのネオン坂はこのように壊滅状態となってしまいました。
200912310721102

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅その5

  • 2009/12/30(水) 15:12:25

【岬町の朝】
おはようございます。
何故か若干二日酔いです。ビールそんな飲んでいないのに。。。
昨日テレビを見ていたら柳原可南子のモバゲー?のCMでお腹が捻れる位笑ってしまいました。

20091230070003

【足摺燈台】
八年ぶりの訪問。
まったく変わっていませんでした。
当時の仲間達との破廉恥な旅が懐かしくあります。

足摺燈台はロケット型のスマートな燈台。私のお気に入りの一つであります。

燈台周辺では海桐が実り、笹鳴きがしていました。
20091230091817

【ストーンサークル】
ここは未踏ゾーンです。
岬の中腹に唐人駄場と呼ばれる場所があります。
巨石がごろごろしておりその一つに上りストーンサークル跡を見下ろし涙。
この地は四国で最も早く人類が住みだした処だそうです。宜なるかな。
20091230120606


【宇和の海】
中村から宿毛経由で南宇和へ。
展望タワーは休みでしたが宇和の海を眺め涙しました。
北側に御荘湾。
20091230151225

南側に宿毛湾。
200912301512252

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅その4

  • 2009/12/29(火) 19:21:18

【四万十川へ】
定番ですが、屋形船に乗りました。
下名は三度目の清流ですが、何回来ても実に気持ちがよいです。天気が良い点もよろし。
20091229154504

今日は特に澄んでいます。
屋形船の船頭は若い川漁師さんで、各種四万十川の漁について取材しました。
写真は柴漬と云ふ漁法。
200912291545042

【沈む太陽】
足摺岬のとある漢字の難しき灯台に来ました。
ちょうど冬日が太平洋に沈むシーンに遭遇。
南無阿弥陀、南無阿弥陀。
20091229192115

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅その3

  • 2009/12/29(火) 11:39:05

【日の出】
室戸岬の朝。同行の俳諧師はグーグー眠ってをられます。
3日後なら初日の出に違い有りません。
興味深いことです。

20091229070603


【奈半利】
宿をチェックアウトし、バスで奈半利駅まで60分。太平洋が雄大でした。
土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線に乗換え。
やなせたかし先生のキャラクターが各駅に配せられているようです。

全線高架、結構な乗客です。

20091229095106

【緑のアンパンマンカー】
高知に着きました。駅弁を全く売ってをらずコンビニ弁当を買い込む羽目に。
中村までの「南風3号」は緑のアンパンマン仕様です。
20091229113905

中村から暫くレンタカーを用います。不本意ですが時間の制約です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅その2

  • 2009/12/28(月) 23:24:12

【日和佐】
徳島から二時間掛けて日和佐に到着。唯一の途中下車。
23番札所の薬王寺は司馬遼太郎の『空海の風景』にも登場したお寺。
薬王寺からの日和佐の町の全景を望みます。

20091228163904

日和佐の町は今は美波町となっていますが、「ウエルカメ」の舞台ですが、町の観光客は我々とお遍路さんのみ。
大浜海岸は海亀の海岸として知られています。寂しくて良かったです。
今回は乗り換えの90分余りしか探索できませんでしたが、落ち着いた町で城山もあり吟行向きと見ました。
皆様たっぷり時間を取って是非。
200912281639042

【先っぽへ】
日和佐から先も、ひたすら先を目指しました。
牟岐〜海部〜甲浦と乗継ぎ何とか室戸岬までたどり着きました。
20091228192703


甲浦の駅は如何にも建設途中の終着駅の感じ。
ここから先は暫く造られないでしょうね。
200912281927032

【中岡さん】
中岡慎太郎。夜の室戸岬に聳えていらっしゃいます。
20091228232410

今宵の宿は俳句の民宿でした。
俳諧師のお導きでせふか。
山口優夢さんも地質調査で利用されたそうです。
女将さんは、某有名俳人主宰誌に入っているそうですが、一年後に行われる予定の彼の結社の世代交替に複雑な感想を抱いているようです。
私の感想として、色々な事情はありますが、お師匠さんとして、ちと現主宰の独りよがりな点は否めません。
後を継がれる若い方の奮起を促す機会を与えるというのは理解しますが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先っぽへの旅その1

  • 2009/12/28(月) 11:42:03

【高松空港】
無事着陸。
高松空港は初利用です。
年明けに徳島空港を訪ねる予定で四国の空港を制覇?します。
黄色のアーチが印象的であります。
乗車率は50%でせふか。
ここで若手有望な俳諧師殿と待合せし、バスで市内へ向かいます。
20091228101203

【玉藻の城】
高松駅出発まですぐ脇の高松城跡=玉藻公園を散歩。
海に面した水城で、お濠を黒鯛が泳いでいました。
20091228114202

【高徳線〜牟岐線】
高松から徳島へのうずしおと、牟岐へ向かうローカル線を並べて撮影。
徳島駅で乗換日和佐まで行きます。
20091228144504

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

昨日のスパ

  • 2009/12/28(月) 05:36:03

【昨日のスパ】
五右衛門に久々に寄りました。誤解の無きよう、お一人様でした。
じゅんじゅんさんが変に勘ぐらないように写真は奥まで撮影しました。

20091228053603

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

名馬との出会い

  • 2009/12/27(日) 09:54:03

【名馬との出会い】
今日は最終日です。つまりグランプリ・有馬記念です。
万が一に備え一番良いスーツを着て千葉県まで参りました。
写真は、入り口が分からずまごついていた際に撮影したハイセイコー像。
20091227095402

【混んでをらず】
大所高所から見守っています(笑)。
グランプリデイですが大分空いています。メンバーが影響してますか。

20091227120913

【下見所】
◎スリーロールス
○ブエナビスタ
▲ドリームジャーニー
☆エアシェイディ

下見所では、マツリダとミヤビランベリの気配が抜群に見えました。
スリーロールスも二人引きになって落ち着きました、
因みに今日はここまでほとんど当たってません。
20091227144811

200912271448112


良いレースでした。ハイペースを自ら捕まえたブエナビスタを、計ったように忍び寄り指し切った 池添=ドリームジャーニー。
その4馬身後ろで、最高峰から横綱相撲?で2年連続3着のエアシェイディ。

まるで、トウカイテイオー、ビアハヤヒデ、ナイスネイチャの有馬記念を思い出しました。

スリーロールスは可哀想な事になりました。自分で歩いて馬運車に乗っていたので、骨折ではないようですが。。。

【グランプリの土産】
現地で手に入れたボールペンです。
残念な結果でしたが、幸いにして一命は取り留めたようです。

20091227202108

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る