凄い雨

  • 2007/05/31(木) 20:57:01

今日は偉く朝早く目が覚めました。
それは、昨日食事もしないで寝込んでしまったから。
お蔭で早朝出社でした。
ずーと空が怪しく降られるかな?と思っていましたが降られることなく無事帰宅。
そしたらおなかが下ってしまいました。

写真は、先日の志賀高原の帰りに撮った信州の火の見櫓。

20070531205701

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

淡淡と

  • 2007/05/30(水) 19:32:00

今日は午後からお出かけ。
なかなか収穫がありました。家が近いので直帰。俳句のもろもろのことしないと。
貧弱な一日です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

仕事復帰

  • 2007/05/29(火) 19:24:38

今日から仕事復帰。
色色ありましたが、出先に居ると夕方KからTELがあり、
あからさまに飲みに行きたい様子。
仕事があったので、遅れて四谷へ。できあがっている・・・
面倒くさいので神楽坂へ連れて行き、キャバク●行って三次会まで。
また、遅くなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

芝生田(しぼうた)の棚田

  • 2007/05/28(月) 15:09:08

ロッジで昼食後吟行会は無事終了。
疲れた〜。その後は、M先輩の車で、S先輩と共に小諸、芝生田(しぼうた)の棚田を見に行きました。
これは、別のたびの本で紹介されていた「劇場型棚田」とのこと。
地図がないので、ナビで見当をつけ、国道18号線から旧北国街道に入り、地名周辺を適当に見当を付け、農道へ突入。ありました。しなの鉄道沿いに。

20070528150908

これは、棚田の底にあるアスパラ畑。数ヶ月前の兼題でした。
確か、長野県は北海道を上回る日本一の産地。



20070528152102.jpg


これは棚田の上のほうの田圃。畔(くろ)が手作り構成されています。水が直接流れ込まないように、田圃の水位を調整する時に、鍬で畔を壊したり、足したりするようです。

20070528232416.jpg


苗代になっていたり、岩が田圃に浮かんでいたり、蛙が飛んだり、蛭が浮かんでいたり、季題満載でした。
この後、旧街道をだらだら歩き、小諸の町へ。本陣を簡単に見学し駅前の蕎麦屋でS先輩と浅酌。句会。

●選句稿より
・大岩の鎮まる代田ありにけり

季題「代田」が効いています。不思議な光景。田圃の真ん中に何か伝説があるのか大きな石が鎮座。
本当にこのまま田植するのか?ただ、代田になっていると言うことは・・・
と言う心理状態がわかります。

・同姓の集落抜けて植田棚

集落を旅で通過した際同じ苗字が並んでいる事があります。
その集落と近くの棚田から、棚田を集落全体で守り、田植などの共同作業をしたことを想像できたのでしょうか。
ちょっと、分かりにくく、月並みの危険があるかもしれませんが、旅の物語性が描けていると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

信州俳句の旅〜3

  • 2007/05/28(月) 10:57:00

昨日も早く撃沈。どうしたんだろう。
そのせいで12時に過ぎに目が覚め、河鹿を聞きに吟行→一風呂→俳句の推敲
などをしていたらこんな時間に。

20070528035700

ロッジのロビー。当然誰も居ません。
一回寝よう。おやすみなさい。
そう言えば今日は、月曜日です。サラリーマンの方はお仕事頑張ってください。

20070528064800.jpg


ロッジの部屋から南向きに。凄くよい天気。

20070528232101.jpg


宿と金額の精算の調整を行い、近くのリンドウ平へ。
Kから電話が掛かってきて弱る。
苔がはけていました。申し訳ないがちょっとゆっくり。郭公、筒鳥、ほととぎす、老鶯、ロッジの前には河鹿も鳴いていました。
普段鳥の鳴き声に注意を払えない私ですが、今回はゆっくり聞き分け楽しむ事ができました。

●選句稿より
・ガレ割つて駒草の芽の確かなる
季題は「駒草の芽」。今回のようにまだまだ花の季節ではないですが、あちこちの岩場(ガレ)では、石に身を隠しつつ駒草が芽吹いています。
駒草の小さいが凛とした姿を芽吹きの様子からも想像させてくれる句です。

・クレソンの流れに河鹿聞くことも
季題は「河鹿」。蛙の一種で鳴き声が美しい。
これは、山荘の近くの小流れでしょうか。クレソンが群れるような清流に佇んでいるとそれとなく、河鹿の声が。ともに清冽な印象があり、景が浮かびやすい句です。
「聞くことも」に余韻があります。





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

岩魚の騒動

  • 2007/05/28(月) 07:27:01

もう一眠りして起きたところ、下のロビーでは逗子の師匠の釣果を巡りひと騒動。
20070528072701

今朝釣った岩魚。昨日逃したやつだそうです。37センチ。
よほど餌が少ないのか、二日連続で掛かったようです。

20070528120304.jpg

これは、昼食時にロッジが塩焼きにして出してもらいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

信州俳句の旅〜2

  • 2007/05/27(日) 13:21:03

昨日は焼酎を飲んでいる間に撃沈。
偉く早く目が覚め、ロッジの周りを散歩。いつもの夏と異なり、下草が生えていないので散歩しやすかったです。

20070527060900.jpg


ロッジの庭の光景。白樺の緑色の芽吹きがきれい。

20070527062401.jpg


竜胆平を登り。岳樺はまだ芽吹いておらず。ホトトギスが鳴いていました。

20070527073601.jpg

逗子の師匠が朝釣ってきた岩魚。
20センチ強。後ほど骨酒に。逃した魚はもっと大きいと口惜しそうでした。

渋峠、横手山は残雪が残り。われわれの仲間のうち明らかに夏モードの人たちはつらそう。
横手山ヒュッテに始めて登り、そこでのカレースープは美味しかったです。
その後このたびのメインの水芭蕉公園へ。
水芭蕉が沢山咲いていました。木道に座り込んで鑑賞。しかし寒い。

20070527110013.jpg


その後一回ロッジで昼食。風呂。ここでお別れのW・S平さんを木戸池で下し、田の原湿原を散策。

20070527132103


いつもは秋の「花野」のシーズンに散策することが多くこの季節は始めて。
イワナシの花やイチゲの花、山桜が咲いていました。

スミレの種類などを研究しながらロッジへ戻ってきました。
それから句会。

●選句稿より
・くもり日にぱちぱち咲ける立金花
「立金花」は水芭蕉公園で咲いていた金色の花。まさにこの句の「ぱちぱち」の措辞の通りです。曇っていても「ぱちぱち」しているのがこの句の眼目でしょう。

・藻の花に今日の晴陰くりかへし
湿原の様子が描けています。山の天気は変わりやすく、そのたび湿原が赤るくなったり暗まったり。

・ほう解きシばかり無垢なる水芭蕉
「無垢」がうるさい人がいるかも知れませんが、これはこれで水芭蕉の白さが描けています。
また、解けてしばらくすると花穂だけが残りけっこう「ずうずうしく」見えてきます。
水芭蕉の旬を切り取った俳句ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

信州俳句の旅〜1

  • 2007/05/26(土) 13:34:36

今日から二泊三日で信州での俳句の稽古会。
二日酔い気味の頭を奮い立たせて新幹線へ。
大宮駅で入線してきた新幹線の窓に飛び切りの笑顔の逗子の師匠がいらっしゃいました。

長野駅で集合しまず姨捨の棚田へ。ここは「田毎の月」で有名です。棚田名人としては3回目の訪問。そしたらここのスイッチバックの駅までよってもらいました。
スイッチバックの駅では一堂「鉄マニア」となり、構造を論じていました。

20070526121203.jpg


姨捨の展望台から善光寺平を見下ろし。

20070526133436

棚田に佇む俳人がいます。

20070526145400.jpg


途中の駅で見つけた「二人静」。

その後、ロッジまで戻り1度目の俳句会。
事前のネゴは無かったのですが成り行きで、句会の進行を全部担当し、この会の紀行文を下名が書くことに。

●選句稿寄り
・泥に馴れ田に馴れつかむ青蛙

 都会からきた子供が一日田植えを経験しなれてきたのでしょう。元気に蛙を捕まえ大人に見せたりしている。リズムも軽やかで田植えの明るい様子が描けています。

・軽暖や棚田おおよそ一巡り
 
 薄暑、軽暖の季題が効いています。棚田のアップダウン、全体の大きさが浮かんでくると思います。これも軽いタッチですが、五月の軽やかな様子が描けています。

・姨捨の田毎の田植用意かな

 これは上手いです。「取らされてしまう句」です。月並みとの差を見極める必要がありますが、挨拶句としては素晴らしい。


ロッジや参加者からお祝いの酒が沢山出てきて
今日は庚申待ちの日でもあり、みなで酒を飲んでいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

やれやれ

  • 2007/05/25(金) 23:38:31

今日は朝から一日デスクワーク。非常に疲れてしまいました。
別の事業の関係で研修に来ていた方との宴席に何故か連れて行かれました。
KとUさんと行くと深酒、夜更かしになります。ああやっぱ疲れた。
明日は庚申待です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今日は何の日

  • 2007/05/24(木) 20:41:10

何でもありません。
さっさと帰宅して散髪に行ってしまいました。
時間の流れが中途半端です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る